障害のある方の職場定着支援と就労定着支援事業について

障害者雇用で就労をしたが、うまく職場になじめずに退職をしてしまうケースを時々耳にします。 厚生労働省の調査の中でも障害のある方の「就職後の早期離職」が課題となっております。ちなみに障害のある方が1年以内に離職する割合は3割と言われています。 短期間で会社を辞めてしまうことが何回も続いてしまうと、転職<続きを読む>