就労

【2019年決定版】就労移行支援事業所 選択のポイント総まとめ

就労移行支援事業所(以下、就労移行)は、障害者総合支援法に基づく福祉サービスの一つです。障害者総合支援法の制定時の名前は、障害者自立支援法でした。障害者自立支援法が施行されたのが平成18年であるため、今より10年以上の前の話になります。 この10年あまりの間に就労移行の数は増加しました。就労移行の増<続きを読む>

定着

障害のある方の職場定着支援と就労定着支援事業について

障害者雇用で就労をしたが、うまく職場になじめずに退職をしてしまうケースを時々耳にします。 厚生労働省の調査の中でも障害のある方の「就職後の早期離職」が課題となっております。ちなみに障害のある方が1年以内に離職する割合は3割と言われています。 短期間で会社を辞めてしまうことが何回も続いてしまうと、転職<続きを読む>

就労

特別支援学校卒業後に知的障害のある方が選ぶ進路先と進路選択のポイントについて

知的障害のある方の18歳以降の進路先で悩ましいのが、働くこと・働くタイミングなのではないでしょうか。高校を卒業してすぐに就労する場合は、企業、各省庁・自治体、福祉的就労が進路先となります。就労をしない場合は、生活面の自立を目指す場所、就労のための訓練所、進学という選択肢もあります。 特別支援学校卒業<続きを読む>

就労

各省庁・自治体で働く「チャレンジ雇用」制度内容とその後

障害者雇用の水増し問題の影響もあり、各省庁・自治体の積極的な採用活動が進んでいます。 もし、障害者雇用制度を活用して省庁・自治体で働きたい場合、雇用形態が正規職員だけとは限りません。各省庁・自治体では「チャレンジ雇用」として求職者を募集しているケースもあります。チャレンジ雇用とは、期間が定められた非<続きを読む>