就労決定者の声

40代女性Kさん(PCオペレーション事業勤務)の場合

障害について

高次脳機能障害(記憶障害、遂行機能障害、注意障害)、右眼上斜筋麻痺による複視、左足機能障害

入院~リハビリテーション

1年3カ月の入院期間。車いすから松葉杖になって退院。
保健センターでPT、OT、STのリハビリを約5年。
東京都心身障害者福祉センターに生活訓練で8ヵ月入所。
公共交通機関を一人で利用できるようになり、コンフィデンス日本橋に通所可能となった。

コンフィデンス日本橋利用の振り返り

・利用してよかった点
就職したい気持ちが強くなった。
→「出来ない」とあきらめていたことを 「出来る」事に変える工夫と気持ちが身についた。
就職を意識出来る環境。
→スーツで通う。場所が日本橋。
当番作業を経て責任感、チームワークが身についた。
・努力した点
毎週の目標設定を経て、今まであきらめていた事を、出来るようにする為にはという意識へと変わっていったこと。
ワード、エクセル、パワーポイントの基礎から応用まで繰り返し取り組み、出来るようになっていった点。
通勤練習を経て場所を覚えた事。

発症の経緯

平成29年転倒による骨折
出勤途中に雨に濡れた駅構内で転倒し、救急搬送。
左足ひざ下を大きく骨折。
半年間の自宅療養。

会社について

特例子会社
事業内容:印刷業務、PCオペレーション業務、文書管理業務、メール業務、その他業務
場所:中央区
雰囲気:従業員29名(うち障がい者27名)
      静かで落ち着いた雰囲気

就職先で任されている仕事内容

・PCオペレーション業務
・PDF業務
 健康診断、面接データ等のデータ入力、書類のデータ化

仕事をしてみて振り返り

・良い点
休まず出勤できている事
会社からの指示内容に対し、業務に集中して取り組めている点。

・今後、伸ばしていきたい点
作業速度を上げたい。
仕事の流れを理解し、もっと効率的に進めたい。

仕事のモチベーション

会社に出勤し、会社に貢献することで社会と関わるきっかけになっている事。
→外に出て社会と関わることが大事

平成31年1月高次脳機能障害交流会での講演より

まずはお気軽にお問い合わせください

無料でパンフレットをお送りします。無料個別相談、見学の申し込みはこちらから
資料請求