就労決定者の声

20代女性Kさんの場合

Q.コンフィデンスを利用して、一番役に立っていることはなんですか。 コミュニケーションが役に立っています Q.どのような仕事を担当していますか。 バックヤードのハンガーの片付けなど Q.仕事をするうえで、一番大切にしていることはなんですか。 言葉づかいを大切にしています Q.働いてみて困ったことは何<続きを読む>

就労決定者の声

30代男性Mさんの場合

東京メトロのグループ会社で働いています。 駅員のベッドメイキングを8:00~16:00で行います。 いろんな駅、場所に行きます。三人プラスチーフで場所を回る。 和光が一番遠くて大変です。 毎日休まず元気に働いています。 Q、会社の人と関わりはありますか? お土産をもらうことがあり、嬉しい気持ちになり<続きを読む>

就労決定者の声

50代男性Oさんの場合

医療福祉の系列の管理部、主にOAシステムの管理をしています。 勤務して約半年が過ぎ落ち着いてきています。 事務補助。名刺作成、データ入力、ファイリングが主な業務です。 高次脳機能障害の発症後、現在体調面でも落ち着いています。社内の移動が多く、ついていくのがなかなか大変な時もありますが。 最後に、コン<続きを読む>

就労決定者の声

40代男性Nさんの場合

今は日本交通品川営業所に勤務しています。 清掃業務を担当しています。就労して4年経過しています。 毎日休まず、始発に乗り誰よりも早く出勤しております。 朝7時からの勤務なので、仮眠室で寝てから仕事を開始しています。 毎日大変だけど頑張っております。今は慣れました。 Q、コンフィデンスで印象に残ってい<続きを読む>

就労決定者の声

20代男性Aさん(総合卸商社勤務)の場合

コンフィデンス日本橋の近くの場所で働いています。 会社の中の社員食堂でレジ打ちを行っています。支払いはカードで行われています。 メニューをショーケースに入れる作業、食品等の重い物を運ぶ作業、冷蔵庫の底にたまった水の掃き出しや灰皿の掃除、ゴミをまとめる作業もやっています。 あとは入力、紙を折る作業、切<続きを読む>

就労決定者の声

40代男性Iさん(総合卸商社勤務)の場合

私は高次脳機能障害であり、記憶障害、遂行機能障害等を発症しています。それに至った原因は、くも膜下出血でした。発作時まったく記憶がなくて、気づいた時には病院で車いすに座っている状態でした。亡くなる確率が高い病気だったので、自分は運が良かったと感じております。今年の流行語に因んで言いますと「神ってる」と<続きを読む>

就労決定者の声

40代男性Tさんの場合

最近までは食品の卸部門で働いておりましたが、今年10月からは、お菓子売り場で働いています。やることが増えたために大変です。食品の品出しと、生産センターとのやり取りの上で箱詰めを行っています。12月は忙しく、朝から晩までずっと箱詰めに追われています。 その中に、もし割れ物があると梱包をしっかり行わない<続きを読む>

就労決定者の声

40代男性Aさんの場合

現在、不動産管理会社に勤務しています。 会社はコンフィデンスの近くにあり、徒歩5分ぐらいで着きます。仕事の内容は、書類のPDF作業、契約書の編集、仕分け、電話応対、アンケートの入力作業などです。事務の補助的な仕事をしています。雰囲気の良い職場の中で多忙な毎日を送っています。実は昨日も残業がありました<続きを読む>

就労決定者の声

20代男性Hさんの場合

現在、製薬会社に勤務しています。 コンフィデンスでは、1年4カ月間勉強して就労することが出来ました。月曜日から金曜日の9:30~16:30まで勤務しています。仕事の内容は、会議室やカフェの掃除、シュレッダー、社内郵便の配達、配布物のラミネート加工、コピー等です。指先を使う作業が得意ではないのですが、<続きを読む>

就労決定者の声

20代男性Tさんの場合

Q,コンフィデンスで学んで、一番役に立ったことはなんですか。 →あいさつやビジネスマナーなど。 Q,仕事をするうえで、一番大切にしていることはなんですか。 →一度もミスをしないように頑張っています。 Q,現在はどのような業務を担当していますか。 →製本、封筒への押印・宛名ラベル貼り、書類の仕分け、シ<続きを読む>

ご利用者の声

40代男性Wさんの場合

保健所から障害者に向けて毎年12月頃送られてくる色々な行政のサービスの案内の中に、就労移行支援事業所コンフィデンスのサービスを見つけたのが事業所を知ったきっかけです。 コンフィデンス麹町を見学してみて、街などが明るく感じが良く、コンフィデンス麹町で就職へ向けてパソコンやビジネスマナーなどを教わりたく<続きを読む>

ご利用者の声

30代男性Sさんの場合

私が、コンフィデンスこうじまちに通所する事になったきっかけは、地域活動支援センターの方と相談し、面談を通してコンフィデンスこうじまちの訓練内容や定着支援がすごくいいと感じ、ここなら就職後、安定した就職ができるかなと感じたからです。 通所してみて最初の頃は、訓練を休んでしまうという事が頻繁にあったと記<続きを読む>

ご利用者の声

30代男性Aさんの場合

■自分自身がポジティブにとらえられるようになった。 コンフィデンス日本橋で、はじめて施設長に会ったとき、「仕事は自分のためにある。自分のために、自分の思いを打ち明けてもいいんだよ。」と言われ、急に心が軽くなったような感じがしました。それからは、自分の思いを素直に言うことでどんどん気持ちが前向きになっ<続きを読む>

ご利用者の声

40代男性Aさんの場合

■利用して自分が変わった事 今までの自分には皆無といって良い「こつこつと努力を積み重ねていく」という行動が、特にパソコンの学習においてですが、出来るようになっている事が、自らが変わったと感じたところです。 ■支援内容の中で役に立っている内容 当番や、yes and yesでですが、今まで他人をどうさ<続きを読む>

ご利用者の声

20代女性Kさんの場合

■利用を通して自分自身が変わった事 報連相がスムーズに出来るようになったこと 1カ月間、週5日の通所を続けて出来るようになったこと ■支援内容の中で役に立っている内容 会社での応対や、服装についての方法が意識して出来るようになっています。 パソコンの入力や会社ではパソコンでどんな機能を使うか、理解出<続きを読む>

就労決定者の声

40代男性 Iさんの場合

■まずPDCAサイクルを使った考え方や、目標達成までのプロセス。 小さいことから、目標を達成していく事でいい流れを作ることを教わりました。 ■コミュニケーションスキルアップ講座については、企業研修なみの内容でとても勉強になりました。 内容的には、おそらく数万円~数十万円払って聞く(聴く)ような講座で<続きを読む>

就労決定者の声

40代女性 Kさんの場合

■目標設定 交通事故で頭や体に後遺症が残ってから、「こうなりたい」という希望すらも、なかなか描けなかったように思います。 どうしても、「きっと、出来ない」という諦めが、先に出ていました。もし、自分で目標を持っても、その為の行動計画は、周りに委ねてきました。「私は、こうなりたい」とだけ言って、「その為<続きを読む>